Plastics2000

Designed by Deco

S__19308578_0.jpg

プラスチックが人間と関わり始めてまだ50年ほどしか経っていない。この短い期間の中で安価で扱いやすい素材であるプラスチックは人間に愛され地球に拡散されていったが、現代の環境問題においてプラスチックの廃棄問題やエネルギー問題は常に大きく取り上げられている。自然に分解されるには2000年もの月日を必要とするプラスチックのもつ負の印象はそう簡単に払拭できるものではないだろう。私達は、プラスチックの持つ2000年というネガティブな要素をポジティブに捉える事でその価値や意識を変化させる機会を作ろうと試みた。

Plastics2000は長期保存型のタイムカプセルである。フレームの構造体と外部を覆う薄膜はPPで出来ており、物を入れ真空状態する事で内部に泡の様なの構造体を生成する。この構造体は、中に入れるものの形に左右される事なく最も合理的な自然の形に都度整形される。

今回は種子を内包した。現代においてプラスチックによって失われる自然を憂いている訳ではなく、新人世という現代人が未来に無自覚に残してしまう新たな価値に対しての意識的な解答である。琥珀に閉じ込められた蚊のように、未来の人類あるいは自然発生的に種子が解放された時の新たな価値や問題を考えるプロダクトを提案する。

It's only been about 50 years since plastics started to interact with humans. In this short period of time, plastic, which is an inexpensive and easy-to-use material, was loved by humans and spread to the earth, but the problem of plastic disposal and energy has always been taken up in the modern environmental problems. The negative impression of plastic, which requires 2000 years to decompose naturally, cannot be easily dispelled. We tried to create an opportunity to change the value and consciousness of plastic by positively grasping the negative element of 2000.

Plastics 2000 is a long-term storage time capsule. The structure of the frame and the thin film that covers the outside are made of PP, and a bubble-like structure is created inside by putting an object in a vacuum state. This structure is shaped into the most rational natural shape each time, regardless of the shape of what is put inside.

This time, seeds were included. We are not worried about the nature lost by plastics in modern times, but a conscious answer to the new value that modern people, the Anthropocene, will leave unknowingly in the future. Like mosquitoes trapped in amber, we propose products that consider new values ​​and problems for future humans or when seeds are spontaneously released.

2018 Plastic Story & Design Award Selected